鎌倉時代に源頼朝が平家追討を祈念して建立した密教の寺、神武寺。

ここに「奈良怨霊絵巻」で登場した池田近江くんと母親が身をよせています。
父親が寺の住職の弟という設定。

住職は「硬気功」の使い手。ここに舞子の先輩・寄柳(きりゅう)さんが、祖父の紹介で修業にきます。

そのとき宿儺一族の追ってがかかり、近江くんは追手の一人を倒しますが、住職が殺され寄柳先輩は負傷。母親は連れ去られます。

連れ去った人物は寄柳先輩に「辰王」と名乗りますが、実は千尋でした。

千尋、辰王の妻になるべく生まれたが、二次成長がおきず、男装して辰王にとって変わろうと画策。

千尋、辰王の妻になるべく生まれたが、二次成長がおきず、男装して辰王にとって変わろうと画策。