地点一覧

  • 闇の死操人こと剣持司がでてくるの番外編「闇の幻術控え 黒い谷」にでてくる松木渓谷。足尾銅山の公害で樹木が生えなくなり廃村になった村のあった場所。日本のグランドキャニオンなんて呼ぶこともあるようですが、公害で植物が生えなくなったので岩が露出している。物語の中では、ここを産業廃棄物処理場にしようとする業...
    詳しくはこちら
    地点区分:
  • 「伏見狐勧請戸籍譚」の冒頭にでてきた伏見稲荷。多分京都のだと思うんですが確証はなし。いったことある人はわかるのかな。狐勧請とは、稲荷にいる狐様を呼び出していただき、家にもって帰ってお祭りすることらしいです。この狐勧請で格の高い狐をいただき経営者として成功した資産家が亡くなります。息子夫婦は狐の存在を...
    詳しくはこちら
    地点区分:
  • これも冬樹くんの番外編「妖刀大通連」ででてくる場所。冬樹くんは小さいころ、うっかり力を使って妹を傷つけてしまい、両親にでてけっていわれた過去をもっているって、この番外編でわかりました。この妹が交通事故で死んで、その加害者が暴走族だったため、妹の恋人だった颪家(おろしえ)健介が家に伝わる妖刀大通連を使...
    詳しくはこちら
    地点区分:
  • 「仙台こけし怨歌」で魅冬の本拠地としてもでてきましたが、番外編の「冬樹裂風録」でもこの地名でてきます。蝦夷の首長アテルイ=悪路王を封じた場所が工事で掘り起こされてしまい、悪路王を封じた日の光のパワーを使う巫女が、工事責任者の娘の夢にあらわれて、工事を中止するように警告します。同じころ魅冬も工事に気が...
    詳しくはこちら
    地点区分:
  • 瀬戸内怨霊経のクライマックス、崇徳上皇の怨霊と対決した佐柳島。実は扇姉妹が転校した学校で、二人に協力して怨霊を払っていた生徒・鳴海が今回の黒幕でした。 鳴海[/caption]崇徳上皇が配流されてから何年もたってから殺されたのは塩飽水軍の宝の情報を手にいれたからで、大乗経にはその場所がのっていた。鳴...
    詳しくはこちら
    地点区分:
  • 瀬戸内怨霊経ででてきた、自殺した女生徒の家がある島。扇姉妹が調べに行ったら剣持司と池田近江に遭遇。二人は呪詛から守るという依頼をうけた大原フェリーの社長の孫娘を救出するため、黒幕に呼び出され大乗経の取引に来たのだが、池田君は姉妹と女生徒の家に向かう(レンタサイクルだった。高校生は免許ないもんね)家に...
    詳しくはこちら
    地点区分:
  • 「瀬戸内怨霊経」で剣持司と池田近江が大乗経のことを調べに崇徳上皇ゆかりの場所をめぐるシーンでてきました。ところてんを食べたりなごやかなムードも(^^)vでも途中で黒幕の差し向けたゾンビに襲われます。崇徳上皇を殺したといわれる三木家の子孫で、呪術を使って土葬された死人をゾンビとして使う珠巳(じゅみ)の...
    詳しくはこちら
    地点区分:
  • 「瀬戸内怨霊経」のオープニング。崇徳上皇が血で書いたといわれる大乗経の前で一人の老人が自殺する。自分を贄に崇徳上皇の怨霊の力を借りて、孫娘をいじめていた生徒や裁判で「いじめはなかった」とする裁判官を呪詛したのだ。扇姉妹は孫娘の通っていた香川県の高校へ転校する。高校にはたくさんの怨霊がいるが、二人の術...
    詳しくはこちら
    地点区分:
  • 「飛騨怨霊絵巻」地震を起こし、岐阜市を壊滅させようとする宿儺一族の長、二面僧正と扇姉妹、剣持、池田近江くん、辰王らが対決しました。 二面僧正、宿儺一族の長。辰王の父親。[/caption]御嶽の法は、聖徳太子の一族、上宮王家の呪いを利用したものだそうで、元は藤原鎌足が使い、その後天武天皇が利用し、藤...
    詳しくはこちら
    地点区分:
  • 白川郷にやってきた剣持さんが行っていました(笑)どうやら酒に目がなくて、この後もいろんなところで酒の話題がでてきます。調べたら本当にあるんですねえ。剣持さんは「どぶろくは日本中でここでしか飲めない」っていってましたが、今はほかでも飲めるようですよ。...
    詳しくはこちら
    地点区分:

ご挨拶

この漫画面白いのにマイナーなので、こんなもの作ってみました。ゆっくりお楽しみください・w・

地点カテゴリ

地点リスト

検索

RSS